入れ歯

入れ歯は乾燥に注意すべき?

入れ歯は乾燥に注意すべき?

入れ歯は乾燥に注意ということをご存知でしょうか。今日は、入れ歯の特徴や乾燥しない保管方法について、詳しくご紹介いたします。

入れ歯の特徴

歯を失う理由は個人によって様々です。

  • 虫歯や歯周病などの細菌感染が原因
  • 事故や外傷が原因

歯が抜けたり抜歯の処置により失った部分には、なるべく早く義歯治療を行う必要があります。義歯治療とは、入れ歯・ブリッジ・インプラントです。保険適用できる入れ歯やブリッジに比べて、インプラントは保険適用外で自費治療など様々な特徴があります。

入れ歯に限ってご説明しますと、入れ歯はそもそもお口の中で使う装置です。そのため、乾燥には弱いという特徴があります。長い時間水に入れずに放置していると、不具合が起こる可能性があります。

入れ歯の種類

入れ歯には、上顎や下顎全部に対処する総入れ歯と、歯がない部分のみに対処する部分入れ歯があります。そして、保険で作製可能な入れ歯と保険適用外の自費治療の入れ歯の二種類があります。

プラスチック義歯

  • 歯科用のプラスチックで歯肉や歯の部分を作製するため、費用は安い
  • 厚みがあるため出っ歯に見えて話がしづらい、割れやすく、安定性や審美性に劣るという特徴がある

金属床義歯

  • チタンやコバルトクロムを床の部分に使用するため強度があり、食べ物の温度を伝える熱伝導率が高い
  • 薄く作製できるため審美性は高いが、金属アレルギーの方には使えない

ノンクラスプデンチャー

  • 保険適用の部分入れ歯に必要なバネがないため、審美性がある
  • ただし調整ができず、保険適用の入れ歯とそれ程機能面で違いがない

マグネットデンチャー

  • 磁性アタッチメントを歯根に埋入し、磁石を入れた入れ歯を装着することで安定性が高い
  • 歯髄(神経)のある歯や、歯根がないという患者様には使用ができない

インプラントオーバーデンチャー

  • インプラントを何本か埋入することで、入れ歯の安定性が増す
  • 外科手術が必要になるため、一部の全身疾患がある方には不向きであるし、料金は高い

シリコーン義歯(当院では行っておりません)

  • 入れ歯の歯茎の部分にプラスチックではなくシリコンの材質を使うことで噛む時に痛みが生じにくい
  • シリコンに汚れが付きやすいという特徴があるため、口腔内が不衛生になりやすい

乾燥しない入れ歯の保管方法

入れ歯はお口の中で常に唾液がある状態で使用するため、保管方法を間違えれば、入れ歯の歪み、変形、割れるトラブルが起きます。そうなると、再作製をしない限りお口の状態は改善しません。再作製にはまた時間や料金がかかり、患者様に負担がかかります。入れ歯の保管方法について詳しくご案内します。

  • 水の中で保管
  • 洗浄液の中で保管
  • 何にもつけずに保管(自費治療で作製した義歯の材質によって可能な場合がある)

この三種類がありますが、何かに浸ける方法で保管する入れ歯が多いです。材質によっては乾燥保管でも心配ない場合もあります。正しい保管方法が気になる場合は、歯科医師やスタッフに確認してください。

水の中で保管

歯の部分のみではなく歯茎の部分も全体的に水道水に浸けておく保管方法です。何日も入れ歯を装着しない時、雑菌が繁殖し不衛生ですのでこまめに水を取り替えるなど注意が必要です。

洗浄液の中で保管

パッケージに書かれた通りの濃度で義歯洗浄液を作り、水中で保管しましょう。装着の前にはきちんと洗浄液を使って歯ブラシでこすり、歯垢(プラーク)を除去し、流水でしっかりすすいでから、装着することを忘れないようにしましょう。

煮沸消毒すれば雑菌が死滅し予防出来ると思われがちですが、絶対に行ってはいけません。熱湯の中に入れると変形し装着できず、無理やり装着すると歯や歯茎を痛めてしまい、その傷から細菌が繁殖する可能性があります。子どもやペットがいるお家では、手の届かない場所に置いておき、洗面台に落として割れるというケースもありますので、洗面器などを置いてからお手入れするのが良い方法です。

参照先:前橋市医師会

まとめ

歯が抜けたままの状態で放置すると、噛みづらく、顎の骨の退縮を招き他の歯に影響を及ぼしたり、歯並びが悪くなるリスクがあります。歯が抜けたら早めに歯医者さんへ通院し、お気軽に相談しましょう。治療法として入れ歯をおすすめされた場合は、義歯のメリット・デメリットをしっかり確認してください。

クローバー歯科豊中本町院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック