歯周病

歯周病は歯磨きだけで治るの?

歯周病は歯磨きだけで治るの?

歯医者で歯周病と診断された場合に、歯磨きをしっかり行えば歯周病を治すことが出来るのでしょうか? 歯周病と歯磨きについてご説明します。

歯周病は歯磨きだけでは治らない?

結論から言うと、歯周病は歯磨きだけでは治りません。しかし、歯磨きをしっかりやるのとやらないのとでは、今後の歯周病の進行にかなりの違いが出ます。

歯周病は、初期の歯肉炎の段階で発見出来て、すぐに治療に入ることが出来れば、かなり改善し、ほぼ治るといってもいいでしょう。かなり進行した歯周病であったとしても、歯磨きで歯に付いた歯垢の大部分を除去することが出来れば、歯茎の状態はかなり改善します。

歯と歯の間や歯と歯茎の間(歯周ポケット)についた歯垢は、歯ブラシだけでは落とせません。また、歯石も歯ブラシでは落とせません。そのため、歯周病を治すためには、歯磨きなどのセルフケアに加えて、歯科医院での定期健診でクリーニングを行うことが必要です。

初期の歯周病はどのくらいで治る?

軽い歯肉炎なら、歯科医院でのクリーニングの後、2~3週間程度歯磨きを丁寧に行い、磨き残しを極力なくしていけば、お口の中に歯垢が溜まりにくくなり、同時に歯石も出来にくくなります。

歯茎の腫れがひくため歯茎の色が健康なピンク色になり、引き締まってきます。ただし、歯磨きをサボると、また歯茎に歯垢がたまり、炎症が起こってきます。

初期の歯周病の場合は、2~3ヶ月間歯磨きを丁寧に行うことで、歯茎の状態がかなり改善します。

いずれも歯科医院でのクリーニングを受けることが前提となりますが、クリーニングだけでは次回までにまた歯垢がたまってしまいますので、セルフケアをしっかり行うことも重要です。

歯周病治療は歯科医院とセルフケアの両方が大事

歯周病治療において大切なのは、お口の中から歯垢や歯石を取り除いて清潔にするということです。そのため、歯科医院で定期健診を受け、歯のクリーニングをすることは、セルフケアで落とせなかった歯垢や歯石を除去するために絶対に必要です。

また、歯医者でのクリーニングを定期的に受けていたとしても、日々のセルフケアがおろそかになると、歯に歯垢がついたままになり、やがて歯石が出来てしまい、その中で細菌が繁殖して虫歯や歯周病の原因になります。

歯科医院での定期健診と、自宅での歯磨きは、どちらがより大事というよりは、どちらも同じくらい重要で欠かせないものです。

歯磨きでより効果的に歯垢を落とすためには

歯磨きを丁寧に行うと、歯面の歯垢はほぼ落とすことが可能です。歯と歯の間や、歯と歯茎の間にたまった歯垢は、歯間ブラシやタフトブラシ、デンタルフロスなどを使用すると、かなり落とすことが出来ます。

歯周病治療で大切なのはプラークコントロールで、つまり歯垢をしっかりと除去することさえ出来れば、歯周病が今より悪くなることはありません。

まとめ

歯磨き

歯磨きだけでは歯周病を完治させることは出来ませんが、歯磨きをしっかり行うことは、歯周病の進行を防ぎ、歯周組織の改善に役立ちます。丁寧な歯磨きを歯科医院での定期健診と併せて行うことで、歯周病を悪化させずに、歯茎の状態を改善させられますので、定期健診も忘れず受けるようにしましょう。

クローバー歯科豊中本町院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック