インプラント|クローバー歯科クリニック豊中本町院

提携駐車場完備
無料託児所完備
夜8時まで診療
ご予約・お問い合わせは
06-6857-7400

インプラント

Implant

インプラントとは?

「インプラント」とは人の体に埋め込む人工物のことを指します。
歯科領域においては顎の骨に埋め込む人工歯根のことを「インプラント」と呼んでいます。
永久歯を失った箇所に人口の歯根を埋め込む治療です。

インプラント
インプラントの構造

インプラントは

インプラント体…顎の骨の中に埋め込まれる歯根部
アバットメント…インプラント体の上に乗る支台部
上部構造…歯の部分に相当する人工歯

以上の3パーツからなっています。

▲ インプラント治療のご案内

インプラントのメリット

しっかりとよく噛める

インプラントは第二の永久歯とも呼ばれており、天然歯と同様によく噛むことが出来ます。
インプラントによく使われているチタンは、骨との結合性が良く劣化しにくいため、インプラントが骨に固定されると強い力が掛かっても耐えることが出来るようになります。

食べ物をよく味わえる

インプラントは骨にしっかりと骨に固定されるので、固い物でも食べることが出来ます。
また、しっかり噛みしめることで出てくる美味しさを楽しむことが出来ます。

発音が安定し、会話を楽しめる

奥歯がないとイ音が発音しにくくなります。
奥歯にインプラントを埋入することで歯があった頃のスムーズな発音が実現します。

審美性に優れている

インプラントは入れ歯やブリッジに比べ審美性に優れています。
上部構造の種類もセラミックなどを選択すれば天然歯同様のきれいな歯を手に入れることが出来ます。

自信を持って笑うことができる

入れ歯やブリッジだと口をあけると金属やバネが見えるから自信を持って笑えない方もいらっしゃると思います。
インプラントであれば金属がのぞくことがほとんどないため、人前でも臆することなく笑うことが出来ます。

自分の歯に負担がかからないから、長持ちする

入れ歯やブリッジと比べ、自分の歯を削ったり、バネをかけることによる負担がかからないため、自分の歯を長持ちさせることが出来ます。

隣の歯を削らなくてよい

インプラントは入れ歯やブリッジと異なり、自分の歯を削る必要がありません。

インプラントは虫歯にならない

インプラントは虫歯にならないため、せっかく治療した歯が損なわれる心配がありません。

インプラントのデメリット

治療費が高額になりがち(保険適用外)

インプラントは自由診療です。保険適用の治療に比べ費用が高額になる傾向にあります。

外科的手術が必要になる

インプラントを顎の骨に埋め込むための手術が必要になります。

治療期間が比較的長い

インプラントは通常の歯科治療に比べ治療期間が長くなります。
治療期間が長くなるのは、埋入したインプラントと骨が結合するまでに約2ヵ月の器官を必要とするからです。

感染症が発生する可能性がある

インプラントの周囲の組織が細菌感染するインプラント周囲炎が発生する可能性があります。
これは日頃のケアやメインテナンスで防止することが出来ます。

メインテナンスを継続する必要がある

インプラント周囲炎を始めとした細菌感染を予防するために定期的にメインテナンスで歯科医院に通う必要があります。

▲ インプラントのメリット・デメリット

インプラントと入れ歯、ブリッジの比較

歯を失った時の治療法としてインプラントの他には入れ歯やブリッジがあります。それぞれを比較してみましょう。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
咀嚼機能
違和感
清掃性
周囲の歯への影響
審美性
費用
手術の有無 有り 無し 無し
寿命

当院のインプラント治療の特徴

豊富な実績

当医療法人はインプラントの実績が30年以上、3万件以上の治療実績があります。
もちろん手術の事故もありません。

豊富な実績
痛みへの配慮

当院では、出来るだけ患者様の負担を軽減出来るよう、出来る限り痛みを取り除くため、下記のような工夫をしています。

手

痛くない麻酔

極細の針を使い、痛みを感じにくい場所に麻酔を打つなど、痛みを感じにくくするよう工夫しています。

点滴麻酔

静脈内鎮静法

麻酔点滴で寝ている間に手術が完了する静脈内鎮静法をご用意しています。

サージカルガイド

サージカルガイド

インプラントを埋め込む位置をCTであらかじめシミュレーションし、埋入時にガイドを使用し、シミュレーションした位置に埋入します。

デジタル技術による精密な治療

コンピューターを利用したデジタルインプラントは、精密な検査と治療計画、手術を可能にします。

デジタルインプラント
難症例にも対応可能

当院は様々な難症例にも対応しております。

オールオン4

オールオン4

すべての歯がない方のための治療法。即日仮歯が入り、噛むことが出来ます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントと入れ歯を組み合わせた治療法です。

GBR法、ソケットリフトなど

GBR法、ソケットリフトなど

顎の骨の少ない方には骨の量を増やす治療を実施しております。

10年保証

インプラント本体に関して10年間の保証期間を設けております。

10年保証

インプラントに関するQ&A

  • A:インプラントの本体であるインプラント体はチタンもしくはチタン合金で出来ています。

    チタンの特性としては、
    ・軽いので埋入しても違和感がない
     (銅の約半分、鉄の約60%という軽さです)
    ・強度に優れている
     (鉄の約2倍の強度があり、折れる、割れる、変形するなどが少ないのが特徴です)
    ・錆びにくい
     (チタンは非常に錆びにくく、塩水や酸に対しても強く、色々な物が入ってくるお口の中に適した素材だということが出来ます)
    ・無害
     (チタンは安定性の高く、金属アレルギーを起こしにくい素材で、人工関節や心臓のペースメーカーなどにも使用されています)
  • A:インプラント治療には、年齢の上限はありません。
    日常生活を送れる程度の体力があれば、どなたにも受けていただけます。
    ただし、骨の成長過程にある未成年の方には治療を行うことは出来ません。
  • A:一般的にインプラントの治療期間は、下顎で約6ヵ月、上顎で約12カ月程度かかると言われています。
    ただし、お口の状態により期間は前後することがあり、歯周病などになっている場合は、治療期間はさらに長くことがあります。
  • A:インプラント治療後には下記のことが起こる可能性があります。
    ・上部構造(人工歯冠)の破損
     上部構造が欠けたり、取れたりする可能性があります。
    ・スクリューの緩み
     上部構造を固定するスクリューまたはアバットメントを固定しているスクリューが緩む可能性があります。
    ・インプラント周囲の感染
     インプラント周囲粘膜炎またはインプラント周囲炎になる可能性があります。

     これらを予防するためには患者様の日頃のお口のケア、歯科医院でのメンテナンスが非常に重要です。
  • A:ほとんど影響しません。
    インプラントに用いられるチタンは磁石に反応しにくい素材であるため、磁気反応を用いたMRIで影響することはありません。
    CTの場合も、CTはX線を用いているので、レントゲンと同じように金属部分は影となって写るのみです。
  • A:インプラントの寿命は10〜15年と言われていますが、インプラントの全体の7割が20年を超えて使用されているという研究結果もあります。
    ただし、お口のケアを怠ると早く使えなくなってしまいます。
    逆にインプラントの素材は半永久的なものなので、ケアをしっかりとすれば寿命を延ばすことが出来ます。
    ブラッシングによるセルフケア、歯科医院でのプロフェッショナルケア(メンテナンス)をしっかりするようにしましょう。
    また、インプラントは入れ歯やブリッジと比べ寿命が長いとされています。
  • A:術後の違和感は一時的なものなので心配ありません。
    ただし、1〜2週間経っても違和感が消えないようであれば何かトラブルのサインかもしれません。
  • A:インプラント体はチタンで出来ており、チタンはペースメーカーなどにも使用されている、安定性が高く、生体親和性に優れた素材です。
    金属アレルギーを起こしにくい素材ですが、心配であればパッチテストを受けることをおすすめします。パッチテストは皮膚科で実施されています。
  • A:インプラント自体に害はありません。
    しかしチタンアレルギーであった場合はしばらくの後、インプラントが抜けてしまいます。
  • A:可能です。
    最小4本のインプラントで人工歯を固定するオールオン4、2〜4本のインプラントで入れ歯を固定するインプラントオーバーデンチャーなどがございます。
    いずれも体への負担と費用を軽減出来る治療法です。